対策を知っておく

夏バテがもたらされる原因とは

日本の夏というのは、非常に高温多湿です。そのため、暑い夏の時期はとても不快で、体調を崩しがちになります。たとえば、夏バテの症状として、疲労感、身体がだるい、食欲不振などの症状が起こります。 基本的に夏バテが起こる原因は、体内の自律神経の不調によるものです。そもそも人間の身体は、暑くなると自動的に汗をかいて暑さに対応しようとします。このように暑さに対応しようとするのは、自律神経の働きによるものです。ところが、現代では夏に当たり前のようにクーラーで部屋を冷やしています。そのため、身体は直ぐに部屋の中と外の気温の変化についていくことができません。よって、自律神経自体が疲れてしまい、正常に働かなくなります。それで、夏バテに陥ってしまいます。

解消するために効果的と思われる方法

夏バテを解消するには、日常生活で気を使うことが大事です。まず夏バテは、室内外の温度差で自律神経が不調になって起こります。そのため、日常生活で身体が感じる温度差を縮めることが有効と考えられます。なので、冷たい部屋にいる時に首、手首、足首などの大きな血管が通っている場所を温めると良いです。すると、身体が効率よく温まりやすくなります。特に女性は筋肉量が少ないので、冷房の効いた部屋では冷えを感じやすいです。なので、オフィスではカーディガン、スカーフなどを使うことがおすすめです。 その他にも、なるべく冷たいものは飲まないように気をつける必要があります。冷たいものは、内臓を冷やして体中に冷えが回ってしまうからです。もしも冷たいものを食べたら、暖かい白湯を飲んで内臓を温めるといいです。