原因を知る

夏バテが引き起こされる原因

日本の暑い夏には、夏バテに悩む方が多くいます。夏バテになると、熱が出たり、だるくなって胃腸の働きが弱まります。 なぜ夏バテが起こるかというと、主に冷房の効かせすぎで自律神経が機能しないことによるものです。人間の体は高温・多湿になると、体温を一定に保つために大量のエネルギーを消費します。 近年では、夏に冷房を利用する方が多いですが、自律神経はすぐに気温の変化についていけません。たとえば、暑い外から部屋に帰ってきた時に、すぐに自律神経は温度が下がったことに気づきません。このため、暑い場所と冷たい場所を一日に何度も行き来すると、自律神経自体が疲れてしまいます。それで、自律神経に大きな負担がかかってしまうことで、夏バテの症状がおきます。

解消するための主な方法

夏になると、暑さのために食欲が減退して、体に必要な栄養素が不足しがちになります。このような夏バテの症状を解消するのに最適な食品が、甘酒です。甘酒というのは、実は江戸時代から夏バテ防止効果がある食品として重宝されてきました。 甘酒には、体に良いたくさんの栄養素が含まれています。たとえば、脳や神経系のエネルギー源となるブドウ糖が豊富です。また、たんぱく質を作るために欠かせない必須アミノ酸の含有量も高いです。体の健康を保つ上で、たくさんの栄養素が含まれています。なので、食欲不振になりがちな夏にぴったりの食品です。 しかも、甘酒に含まれる麹酸は、体内の活性酸素を抑える働きがあります。よって、肌の老化予防にも良いです。 なので、夏には積極的に飲みたい食品といえます。